バス市場で高速・夜行バスで移動は安くつく

バス市場の特徴

バス市場の高速バスと夜行バスの特徴

バス市場は、H.I.S.グループの全国展開している高速バスです。他にもツアーを行ったりしています。

 

特徴としては、料金の幅が広いです。
この料金の差は日にちによるもの、つまり、月ごとでいうと土曜日などが高くなりますし、シーズン時期(お盆など)も最も高いのです。

 

また、シートタイプによって高くなります。

 

同じ日にシートタイプの違うバスが複数、出発することはめったにないことなので、目的地に行く日にちが決まっている場合は、表示されているシートタイプになってしまいます。

目的地までの高速バスを探そう

まず、出発地と目的地、日にちを入力して、
目的地に行くバスがあるかを確認しましょう。

 

このとき、シートなど選択しないほうがいいです。
検索結果の下に、便名やシートの種類など表示されますから、
ここで、多数検索された場合にシートの種類や条件を追加して再検索しましょう。

 

後は通常料金のほかにセール料金などありますからチェックしてみてください。

 

シートタイプの違い

コンフォード
高速バスのシートタイプ(コンフォード) 座席シート幅:46cm
シートピッチ:98cm
リクライニング角度:105度

サービス:ブランケット、スリッパ、コンセント、足置きスタンド

プライベートトリプル
高速バスのシートタイプ(プライベートトリプル) 座席シート幅:49cm
シートピッチ:97cm
リクライニング角度:146度

サービス:ブランケット、スリッパ、コンセント、足置きスタンド、セパレートカーテン、フットレスト、テーブル、スーツ掛けバンド

リラックスプラス
高速バスのシートタイプ(リラックスプラス) 座席シート幅:47cm
シートピッチ:93cm
リクライニング角度:140度

サービス:ブランケット、スリッパ、コンセント、足置きスタンド、安眠枕、フットレスト

リラックス
高速バスのシートタイプ(リラックス) 座席シート幅:48cm
シートピッチ:94cm
リクライニング角度:130度

サービス:ブランケット、スリッパ

のびのびシート
高速バスのシートタイプ(のびのびシート) 座席シート幅:45cm
シートピッチ:94cm
リクライニング角度:130度

サービス:ブランケット、スリッパ

スタンダード
高速バスのシートタイプ(スタンダード) 座席シート幅:45cm
シートピッチ:94cm
リクライニング角度:130度

サービス:ブランケット、スリッパ